もずが枯れ木で

「もずが枯木で」

サトウハチロー作詞・徳富繁作曲

もずが枯木に泣いている
おいらは藁(わら)をたたいてる
綿ひき車はおばあさん
コットン水車も廻ってる

みんな去年と同じだよ
けれども足りねえものがある
兄(あん)さの薪(まき)割る音がねえ
バッサリ薪割る音がねえ

兄(あん)さは満州へ行っただよ
鉄砲が涙で光っただ
もずよ寒くも泣くでねえ
兄(あん)さはもっと寒いだぞ

もずが枯木に鳴いている
 おいらは藁をたたいてる
 わたびき車はおばあさん
 こっとん水車も回ってる

 みんな去年と同じだよ
 けれども足ん無(ね)えものがある
 兄(あん)さの薪割る音が無(ね)え
 バッサリ薪割る音が無(ね)え

 兄(あん)さは満州へ行っただよ
 鉄砲(てっぽ)が涙で光っただ
 百舌と寒くも泣くでねえ
 兄(あん)さはもっと寒いだぞ
戦後広まった歌詞


もずが枯木で鳴いている
おいらは藁を たたいてる
綿びき車は おばあさん
コットン水車も 廻ってる

みんな去年と 同じだよ
けれども足んねえ ものがある
兄さの薪割る 音がねえ
バッサリ薪割る 音がねえ

兄さは満州に いっただよ
鉄砲が涙で 光っただ
もずよ寒いと 鳴くがよい
兄さはもっと 寒いだろ
昭和の歌で、制作と流布の経緯がこれほど謎に満ちた作品はあまり見当たりません。
疑問というのは、戦前の軍国主義の時代に、このような非戦的な詩が、なぜチェックを受けずに発表できたのか、ということです。
 日本は、昭和6年(1931)の柳条湖事件を口実に満州事変を起こし、昭和7年(1932)には満州国建国を宣言、昭和8年(1933)には国際連盟を脱退するなど、国際的孤立を急速に深めました。
 さらに、昭和12年(1937)には、盧溝橋事件をきっかけとして本格的に対中戦争に突入しました。

 このファシズムの時代、社会主義思想はもちろん、自由主義的な言説も厳しく統制されました。戦争遂行が国策だったので、反戦思想だけでなく、非戦・厭戦的な内容もチェックされたはずです。
「サトウハチロー記念館」(岩手県北上市)に問い合わせてみました。すると、同記念館の佐藤四郎館長(ハチローご子息)から、『もずが枯木で』の原題は『百舌よ泣くな』で、昭和10年10月10日に講談社から発行された『僕等の詩集』に掲載されたものというご教示とともに、原詩のコピーをいただきました。
 
百舌よ泣くな

百舌が枯木に 泣いてゐる
おいらはわらを たたいてる

わたひき車は おばアさん
こっとん水車も 廻ってる

みんな去年と 同じだよ
けれども足り無え ものがある

兄(あん)さの薪割る 音が無え
バッサリ薪割る 音が無え

兄さは満洲へ 行っただよ
鉄砲が涙に 光っただ

百舌よ寒くも 泣くで無え
兄さはもっと 寒いだぞ
この詩で使われている「寒い」は気象学的な寒いでなく、それも含めて、軍務の辛さや戦闘の過酷さを象徴した言葉です。

 実際には、軍務の厳しさや上級兵からのいじめ、帰郷心などから、就寝後に声を押し殺して泣いた兵隊、とくに新兵が少なくなかったといいます。
 そのことは、兵営の消灯ラッパの旋律を、「シンペイサンハ カワイソダネ マタネテナクノカナ」という歌詞に置き換えて密かに歌われていたことにも表れています。

 しかし、表向きは、兵役は天皇の赤子(せきし)として喜んで果たすべき義務なのに、それを涙をながすほど辛い、苦しいと感じるのは非国民だ、とされていました。
 そうした時代に、サトウハチローはどういう気持でこういう詩を書いたのか、またそれがなぜ検閲を通過できたのかという疑問は、依然として解けません。
『もずが枯木で』のメロディは、徳富繁が東京の板橋第六尋常小学校で教師をしていた昭和13年(1938)、『百舌よ泣くな』に感動して作ったものでした。彼はそれをガリ版で50部刷って教え子や知人に配りました。楽譜に「昭和13年9月18日作」とあるので、作曲はその前だと思われます。
 陸軍病院への慰問の際に、教え子たちに歌ってもらったことがある、と徳富はのちに語っています。
昭和17年(1942)4月から米軍による本土空襲が行われるようになると、翌年末に個人が任意で田舎に移る縁故疎開が始まり、さらに空襲が激化した昭和19年(1944)8月には、学校ぐるみで疎開する学童疎開(集団疎開)始まりました
 徳富から『百舌よ泣くな』を教わった児童が茨城県に縁故疎開か集団疎開し、そこで他の子どもたちに教えたのが周辺に広まったのでしょう。
こうした諸事情について、徳富はサトウハチローに手紙で知らせました。サトウは、手紙をもらうまで、自分の詩が若い人たちに愛唱されていることを知らなかったようです。
戦後、一般に歌われている歌詞が原詩と違っていることが判明したのは、昭和40年代のことです。キングレコード(講談社の傍系会社)で、コーラスグループのボニージャックスが『もずが枯れ木で』をレコーディングすることになった際、当時の長田暁二ディレクターが、歌詞が原詩と違っていることに気がつきました。
 そこで、サトウハチローに問い合わせたところ、彼は次のように答えたそうです。

 「確かにボクが最初に書いたものとはずいぶん違っているが、左翼の団体などが茨城県民謡として歌っていることだけ訂正してもらえば、みんなが親しんでいる歌詞でいいじゃないか」