今年初の降下訓練


1月10日


1月12日

今年初の降下訓練 横田基地は米軍のもっとも危ない部隊の訓練拠点に

パラシュート降下、沖縄では基地外に落下

1月10日 沖縄県伊江島でオスプレイからパラシュート降下した米兵1人が基地のフェンス外に落下しました。落下を目撃した、日本共産党の名嘉伊江村議は「畑に人がおらず事なきを得たが、いずれ大きな事故につながる。米軍のやりたい放題を許してはならない。オスプレイ配備撤回、基地撤去しかない」と語っています。

横田では10日〜12日 127人降下

防衛省を通じて周辺自治体へ9日〜13日に「延べ53名程度の予定」と情報提供されていましたが、予定の2倍以上の降下となりました。降下した部隊は沖縄駐留・米海兵隊・第3海兵師団・第3偵察大隊で、パラシュート降下やオスプレイなどで、最前線に真っ先に投入され、敵情などを探る部隊です。2012年以降横田基地で頻繁にパラシュート降下訓練をしています。
1月8日に千葉県習志野演習場で行われた陸上自衛隊第1空挺団の降下訓練始めに参加した米陸軍第1特殊作戦群第1大隊(いわゆるグリーンベレー)も2012年以降横田基地で頻繁に降下訓練をしており、横田基地は米軍のもっとも危険な任務を担う部隊の訓練拠点となっています。

日本共産党羽村市議団のコメント

米軍のやりたい放題は許せない
 昨年12月13日、空中給油中のトラブルで墜落したオスプレイが6日後に飛行再開し、原因究明がされないまま、わずか3週間後の1月6日に空中給油訓練まで再開しました。
横田基地での危険なパラシュート降下訓練も頻繁に行われるなど、米軍のやりたい放題が目にあまります。市民のみなさんとともに、オスプレイ配備撤回、横田基地撤去のためにがんばります。
 
イソシギ(磯鷸)

名前の通り磯(海岸)のシギですが、羽村では多摩川でいつも見ることができます。
1965年のエリザベス・テイラー主演の映画の題名となっています。ヒロインが海岸で傷ついた「イソシギ」の幼鳥を手当てし、傷が癒えた後、大空へ飛び立たせるシーンがあります。ヒロインたちが短い恋の後、自由を求めて旅立つ展開を連想させます。

多摩川羽村大橋下あたりで撮影

鈴木質問のリード文

 

 昨年1月末、昭島市から西多摩衛生組合(羽村市羽4235番地)へ、「焼却場が老朽化したので、今後のごみ焼却をお願いしたい」との要請がなされました。現在、西多摩衛生組合では、羽村、青梅、福生、瑞穂の燃えるごみを焼却しています。昭島市の人口は羽村と福生を足したものとほぼ同じ約11万人で、受け入れればごみ総量は現在の約1.4倍になる見込みです。地域の市民からは「ダイオキシンなどの環境への影響が心配」「なぜ昭島からわざわざ羽村に持ってくるのか」などの疑問の声があげられています。また、立川市が、昭島市境に新焼却場をつくる計画をすすめており、「なぜ昭島市は立川市といっしょに焼却場をつくらないのか」との疑問の声もあがっています。これらの声を受けて、質問しました。

 

 

鈴木コメント

 

 昭島市の焼却炉延命化、隣接する立川市との共同処理の追求が、当然、優先されるはずです。そうしたプロセス抜きで、西多摩衛生組合へのごみ持ち込みをおこなうことは絶対に認められません。