議会報告原稿

羽村民報 原稿

「引き売り」による買い物支援の実現を

高齢者、一人暮らし、障がい者世帯で、毎日の生活に必要な食料品や日用品を外出して買い物することが難しく、困っているという声が寄せられている。特に羽西、羽加美、玉川、清流、といった奥多摩街道を挟んだ地域と多摩川の両岸の地域は、スーパーマーケットや小売店が少なく、毎日の暮らしに支障をきたしており事態は深刻です。「品物を見て買いたい」「近所の人と顔を合わせて話ができる」など「引き売り」での支援を望む声を聴いています。買い物困難者の方から話を聞きました。次のような希望がありました。@週一回生協を利用しているが、生鮮食料品などが、途中で不足します。それ買い足さなければなりません。目が不自由なため外出に制限があります。引き売りだと品物をよく見て買うことができます。A近くにスーパーかコンビニがほしいBはむらんで買い物に行くが帰りは荷物が重いのでタクシーで帰って来ます。毎回タクシーは経済的に厳しいです。といった意見が出されました。今後さらに買い物困難者が増えることが予想されます。今、他の区市町村でもさまざまな対策が考えられています。例えばは八王子市では、平成24年度に「買い物環境実態調査」を行い、その調査結果をもとに買い物対策支援事業に取り組んでいます。具体的には、2つの大手スーパーに対し、移動販売実施場所の情報提供、近隣の商店街や関係団体との調整を行い、25年10月と⒒月から2つの大手スーパーが商店街広場で移動販売車による販売を始めました。大手スーパーそれぞれ二台、合計四台の移動販売車が動いています。お隣の瑞穂町も商店がない地域があります。羽村市だけなく近隣市町との連携も考えられるのではないでしょうか

 

質問 アンケート調査を行い、買い物困難者の実態を把握すべきと思うがどうでしょうか・

答弁 「アンケート調査」を実施する考えはありません。

質問 「引き売り」による買い物支援を具体化すべきと考えるがどうでしょうか

答弁 「引き売り」による買い物支援を具体化する考えはありません。

質問 羽村市だけでなく広域事業として他の自治体との協力で行うことも考えられるがどうでしょうか。

答弁 買い物支援を具体化する考えはありません。

 

羽村民報 原稿

「引き売り」による買い物支援の実現を

高齢者、一人暮らし、障がい者世帯で、毎日の生活に必要な食料品や日用品を外出して買い物することが難しく、困っているという声が寄せられている。特に羽西、羽加美、玉川、清流、といった奥多摩街道を挟んだ地域と多摩川の両岸の地域は、スーパーマーケットや小売店が少なく、毎日の暮らしに支障をきたしており事態は深刻です。「品物を見て買いたい」「近所の人と顔を合わせて話ができる」など「引き売り」での支援を望む声を聴いています。買い物困難者の方から話を聞きました。次のような希望がありました。@週一回生協を利用しているが、生鮮食料品などが、途中で不足します。それ買い足さなければなりません。目が不自由なため外出に制限があります。引き売りだと品物をよく見て買うことができます。A近くにスーパーかコンビニがほしいBはむらんで買い物に行くが帰りは荷物が重いのでタクシーで帰って来ます。毎回タクシーは経済的に厳しいです。といった意見が出されました。今後さらに買い物困難者が増えることが予想されます。今、他の区市町村でもさまざまな対策が考えられています。例えばは八王子市では、平成24年度に「買い物環境実態調査」を行い、その調査結果をもとに買い物対策支援事業に取り組んでいます。

質問 アンケート調査を行い、買い物困難者の実態を把握すべきと思うがどうでしょうか・

答弁 「アンケート調査」を実施する考えはありません。

質問 「引き売り」による買い物支援を具体化すべきと考えるがどうでしょうか

答弁 「引き売り」による買い物支援を具体化する考えはありません。

 

羽村民報 原稿 鈴木拓也十二月議会一般質問三項目目

 

動物公園通り、羽村街道の交通安全について

 

1        動物公園通りについて

質問 大型車規制が続けられているが、この規制が変更される可能性はなくなりましたか

答弁 特段の変化がない限り、現在の大型車規制が継続されていくものと認識しています。ただし、動物公園通りは、市内で操業する企業の物流における重要な路線でもありますので、今後、市内産業の活性化などの様々な観点から、規制の在り方について検討していく必要があると捉えています。

質問 大型車でも登録をすると通行できると聞いているが、その手続きはどういったものですか。何台の登録がなされていますか。

答弁 通行禁止道路通行許可申請を申請することで通行が認められます、その許可期間は、最低1日から最長1年です。登録台数は登録制でないため福生警察では台数の集計は行っていないということです。

質問 学校・動物公園などが集まっているエリアであり、引き続き大型車規制が継続されるよう、警察への働きかけを続けるべきではないでしょうか。

答弁 大型車の交通規制や解除については、東京都公安委員会に置いて決定されるものでありますが、その際には、市や周辺住民の皆様、並びに沿道事業者の皆様などの意見を踏まえて判断することとされています。今後特段の変化がない限り、大型車規制が継続されていくものと認識しています。

質問 羽村街道との交差点で、朝夕に自動車が渋滞しています。右折矢印付き信号を設置し、スムーズで安全な通行ができるよう、警察に強く働きかけるべきできはないでしょうか。

答弁 市では、これまでも市民の方から交通施設や交差点等の改善要望があった場合、その都度福生警察署に要望内容を伝えています。今回の指摘に伝えたところです。

 

2        羽村街道について

質問 神明台3丁目、富士見平2丁目で、「日中、大型車が信号付近に駐車し、自動車通行に危険を感じることがある。」との声を聞く。現状をどう把握しているのですか。対策をとるべきだと考えますがどうですか。

答弁 駐車場に入ることができない大型車や時間調整の配送車などが、時間帯によっては駐車していることがあると仄聞しています。市としては他の車の通行に支障をきたす恐れのある場合や道路交通法に抵触する恐れのある場合などについては、福生警察署に対し、パトロールや取り締まりを要請してまいります。